海外のムダ毛事情

海外のムダ毛事情は国によって異なります。アメリカでの脱毛は、身だしなみやエチケットの一部として認識されています。ムダ毛を処理していないことは、社会生活では、マナーの悪い人ととらえられてしまい、評価が落ちてしまいます。そこで脱毛に関する意識が高ビューティー25く、いろいろな方法をあみだしています。日本では主流であるレーザー脱毛はアメリカが発祥の地です。女性のアンダーヘアに対する関心も強く、専用のお店もたくさんあります。ヨーロッパでは、以前はそれほど関心も少なく、ムダ毛処理は行われていませんでした。本来の自分の体を大切にして、傷つけたり、処理を施すのは良くないこととして認識されてきていましたが、近年は外国からの情報も入ってきているので、ムダ毛処理をする人も多いです。金髪の人はもともと目立たないので、処理をする方法として、レーザー脱毛よりもワックス処理を選ぶ人が多いです。イスラムや中東地域では、古代エジプトから体毛があるのは不潔であると、書物により伝えられてきているので、ムダ毛処理をしてきています。当時はカミソリや特殊な液体で処理していたようです。
不潔である理由として、風土気候もあります。乾燥している地域がおおいので、のみやしらみが体の毛につきやすいことがあります。衛生面でも処理する必要が大きいです。中国では腋毛をそのままにしている地域の人が多いです。そもそもムダ毛と認識していないことが要因です。近年は外国からの情報から、処理する人もおおくなってきています。

Comments are closed.